年賀状は数は減っているけど、なくなりはしない

今年もあと少しで終わってしまいます。

この1年、自分らしく満足に過ごせただろうか。

色々と努力はしましたが、大声で言えるほどのことではありません。

年末と言えば、ハロウィンやクリスマスなどの大イベントがあります。

そして年始と言えば、お正月のお節やお年玉など楽しいイベントもあります。

その他お正月の楽しみと言えば、年賀状です。

日常お世話になっている人からや普段はあまり会わない人からのものまで、お手紙が届くと嬉しいですよね。

現代では携帯が発展したこともあり、数は減っているとは思いますがなくなりはしないでしょう。

だってこれも一つのイベントですし、楽しみでもありますから。

またビジネスで利用している人は、一つのステータスにもなるかもしれません。

私も多いときは30枚以上送っていましたが、今ではほんの2,3枚程度。

あとはSNSでやりとりしてしまっています。

自分も年賀状離れをしているわけですが、少し寂しくも思います。

ということで、今年はもう少し数を送ろうと思います。

とはいっても私友達がいないので、親戚や恩師に送ることにします。

でも年賀状って、作るの楽しくないですか?

写真やイラストを用いて自分で作ると、世界に一つだけの自分だけの個性あふれる作品になるんですから。

好きじゃない人もいるかもしれませんが、私みたいに写真とかイラストとかが好きだったり工作が好きな人には密かな楽しみでもあると思います。

また字が上手な人なんかは、直筆の年賀状なんてかっこいいと思います。

私事ですが、今年の春から同棲を始めました。

実家を出て彼氏と二人暮らしをしています。

年賀状を作る際は実家で作りますが、楽しみで楽しみで仕方ありません。

家に帰る楽しみ。

実家で飼っている猫ちゃんに会える楽しみ。

年賀状をデザインする楽しみ。

ハロウィンやクリスマスも楽しみですが、年末年始のイベント?というか行事も負けていません。

日本ならではの伝統を継承しながら楽しみたいものです。

そしてこれからは、年賀状利用者が増えていくように、何か案を考えつきたいです。

私ははがきという形にはこだわりはありませんが、電子媒体ではなく紙を使って通じ合えるシステムは続けていけたらいいのではないかと思っています。

私ももっと手紙を利用していこうと思いました。

たった今思いつきました。

とりあえず今年残り数ヶ月をまっとうに生きて、来年への助走にできるよう努力を惜しまず頑張りたいと思います。

年賀状の時期、悩むこと。数パターンで対応します。

我が家は夏に家族全員の誕生日が過ぎていきます。

そんなことは置いておいて。

涼しくなってくると、いよいよ年賀状の準備を考え始めますね。

最近は年賀状出さずにメールやラインで済ませてしまう人も多いとは思いますが、家庭のある大人としては親戚付き合いや会社関係などなど、やはり「年賀状」という形で出した方が良い方面というのはあるもの。

だったらついでに友人関係にもまとめて出した方が一々個別に連絡取るより楽だよねー

なんて思うわけです。

それに、出してなくても元旦に友人から届く年賀状ってなんとなく嬉しいしね。

で、だ。

その年賀状。実際何を書いたらいいのでしょうか。

我が家には子供が一人いるので、その写真。うん、鉄板ですね。

子どもがその年の干支の着ぐるみなんか着てたら、可愛くってついつい笑ってしまいます。

うん、親ばかここに極まれり。

まあ親戚にも受けはいいでしょう。「あんなちっさかった子が親になって」なんて、親のこっちまで引き合いに出されるでしょうけど。

でも、職場にそれはどうなのでしょうか?

昨今そうじゃなくてもやれ不妊治療だ婚活だと、子どもが欲しくてもできない家だってたくさんありますし、子ども嫌いな人だっているでしょう。

友人の家の子どもって、そういう人たちから見たら「で?」ってなりそうです。

ましてや職場。上司やら下手したら社長にまで届くのに「うちの子かわいいでしょ!見てみて!」なんて手紙、出せるわけないです。

いや出せる人もいるでしょうけど。私は無理。

じゃあ無難なイラストやメッセージだけの年賀状?

自分でレイアウトしたりできるのなら、それもありでしょうねー。

ついでに一言メッセージなんかもテンプレでも作って埋めてしまえば、それで完成。

 

なんか味気なくないですか?

 

効率を考えたら確かに一番いいですよね。デザインする手間はあるけど、出来上がったらあとは印刷して投函するだけで、そんなに負担はないですし。

別にこの方法でも否定はしません。

ただなんとなく、季節を楽しむにはあっけなさすぎてつまらないなあと、個人的には思います。

それに我が家にはプリンターがないのでデザインも業者さんのテンプレートを少し改変するだけです。

デザインはセンスも問われるので、ちょっと勇気がいります。

それに、子どもの写真はやめたものの、やはり親戚筋には子供の写真で送った方がいいんおかな、なんて考えたりもします。

普段中々会えないのならなおさら、ですね。

そうやってあーだこーだ考えているうちに気付けばもう年末です。

子どもの写真を撮ろうにも写真スタジオは一杯、印刷業者さんも締め切るところが増えてきてしまって、発注できてもやたらと高くつきます。

そんな経緯で、去年は我が家の年賀状は2種類できました。

職場用に業者さんのテンプレートを使った無難なものと、親戚・友人向けに子どもの写真を使ったものの2種類です。

子どもはまあ、去年生まれたところだったのでギリギリ許容範囲でしょうという自己判断です。

何とか去年はしのぎましたが、また今年も近づいてきます。

今年は去年を教訓に、少し早めに準備を考えたいと思います。

今年ももう残り100日きったんですって!年賀状を考えないといけない

この前大掃除したと思ったらもう年末まで100日をきったそうですね。

こんなふうに歳とっていくのかな…とぼんやり考える今日このごろ。最近は年賀状なんかよりもメールやラインをデコって0時に送信、というのがあたりまえみたいですね。

かくいう私も学生時代に携帯電話が流行って、デコメというのを買ったりして友達と送りあってました。

0時ちょうどに送るとサーバーが混んでて、結局メールがつくのは次の日の早朝、なんてこともあったっけ。

オバサンになってふと考えるんですが、やはり紙で貰う年賀状の温かみってありますよね。

私が子供のころは親が公務員だったせいか、100枚越えの年賀状が来たりして、1月1日にポストに年賀状を取りに行くのは私の仕事でした。

年賀状の束を床の上で「お母さんの、私の、お姉ちゃんの…」といったふうに並べていって。

担任の先生の年賀状のお返しがクジに当たって、綺麗な羽子板もらったこともあったっけ。

そういったことを思いだして、今年は年賀状を書いてみようかな、と思ってます。

私ごとですが、先月結婚式を挙げたんですね。その時に招待状の宛名を一枚一枚手書きしたんです。

最初は、プロに頼めるけど、手数料一枚108円って高すぎ!自分で書くわ!って思って書いたんですけど、たとえ宛名だけであっても住所と名前を書いてるうちに気が引き締まって行くような気がしました。

それに、最後まで間違いがないか確認して、ポストに出す瞬間ってちょっとドキドキしていいですよね。

まあ一番肝心な義実家の住所の漢字を間違えていたんですが…。寛容な義父母でよかったです。

あと、最初結婚式の写真を年賀状にって式場で提案されたんですよね。

8月末の結婚なら年賀状に出すのにちょうどいいんじゃないかって。あれってもらった側はどうなんでしょう。

私は友達から「結婚しました!」って年賀状来るのは嬉しいし、連絡取るきっかけになったりもするんですが、貰った側がみんな嬉しいとは限らないですよね。

あとちょっと恥ずかしい気もするし。そういうのってもう流行りじゃないのかな?

話それちゃいましたけど、結婚して主婦になったので少し時間もあるし、今年は絵手紙なんていうのもありかなって思ってます。

そうなったら押入れに確か入ってる色鉛筆とかコピックペン探し出さないとな…。

今年も残り100日!今年こそ元旦に着くように早く取りかからないと!

直前に郵便局に行くと年賀状売切れたりしてて、微妙な絵柄の年賀状を買うことになるので気を付けねば。

とか言ってるうちにあっという間に年末になって、バタバタしている様子の自分が目に見えるようだ…。

 

話題の子供の写真入り年賀状について。

結婚して毎年きちんと年賀状を出すようになりました。

それまでは、毎年コンビニで買って送ってくれた人に返すというような感じでしたが、結婚式に招待人には出して、それを機にその後も年賀状のやりとりをする人が増えました。

結婚式をして初めての年賀状は報告とお礼も兼ねて写真付きのものをインターネットで注文して作りました。

インターネットの年賀状サイトはデザインも豊富で、えらんだデザインの写真の枠に好きな写真をあてはめるだけで簡単に作ることができます。

その次のお正月には第一子が生まれたのでやはり報告も兼ねて子供の写真と家族の写真が入ったものをまたインターネットで注文して送りました。

それから毎年、写真入りの年賀状を作っています。

今は、子供の写真入りの年賀状を出すと「配慮が足りない」「嬉しくない」などと言われるようですが、私の周りは写真入りで送ってくれる人が多いです。

特に結婚して子供のいる友達は100%といっていいほど写真入りです。

私は自分が子供がいるせいなのか、写真入りの年賀状をもらうと嬉しいです。

頻繁には会えない友達の様子や生活が少しだけ伝わってくるような気がするからです。

子供だけの写真でも嬉しいですが、そこに友達の写真も入っているともっと嬉しいです。

普段は会えないけれど変わらないな、などと考えることができるからです。

なので私も年賀状の写真を選ぶときは、必ず家族全員で写ったもの、私と子供、夫と子供などら必ず大人の写真も1枚は入るようにしています。

また、必ず一言でも手書きでメッセージを添えることにしています。プリントされた挨拶だけでくる年賀状は少し寂しいと感じるからです。

私自身も1枚1枚メッセージを添えることで、送る相手のことを少しでも思い出したり、元気かなと思ったり考えることができます。

慌ただしい毎日の中で1年に1回でも、昔の友達、昔お世話になった人などのことを思い出す機会はとても大切だと思います。

近年毎年、年賀状の発行枚数は減少しているというニュースを耳にします。確かに年賀状はめんどくさい風習かもしれません。

電話、メール、ライン、今はすぐに連絡が取ることができます。

しかし年賀状だからこそ送ることができる相手、近況報告ができる相手というものが誰にとっても一人はいると思うのです。年賀状の風習が薄れていくことはら寂しいなと感じます。

年賀状を通して人と人との出会いをもっと大切に感じることができるのではないでしょうか。