broadcast年賀状で新しい年の幕開けをお祝いしようじゃないか!

年賀状、毎年出すのも、頂くのも楽しみにしています。
子供の頃から絵を描くことや物作りが好きだったので、1年の楽しみの一つです。

独身時代、だんだん歳をとる毎に友人からは可愛い子供の写真付き年賀状が増えていきました。知り合いの子供ですので勿論可愛いく、成長を拝見できるのもとてもよく思っていました。ただ、世間一般的に広告などで見る年賀状についてはあまり惹かれるものはありませんでした。挨拶文もそこそこで子供のショットを1面に散りばめて、まるで潜在ポスターのような年賀状。「ちょっと、ちょっと!お母さんが思ってる程、それ可愛くないからっ」ただのどアップ写真よりちょっとしたコメントのが読んでて楽しいのに。子供の写真を見て幸せになれる人ばかりでは無いのに…
こんな感じで写真付き年賀状に対しては多少冷めた目で見ていた私ですが、ついに私も出産!

はいっ!載せますよね~♡
可愛い我が子♡
あれもこれも可愛くてハガキじゃ収まりきらないのが辛い。
まさか自分も皆さんと同じく子供の写真付き年賀状を出すようになるとは思ってもみなかったですが、これは親と親族が満足するためのものって事で理解してます。
先に言っているように、年賀状本来の大切さは忘れてませんよ!きちんと1人ずつに手書きてコメントを書けるようにスペースを確保してレイアウトしていますし、写真も何でもないひとコマではなく成長が感じらるものか、大きなイベントなどにしています。けして家でのどアップベストスマイルではありません。

まだ子供が小さいですが、本人もお友達の年賀状にその子の写真が乗っていると喜んで見ています。

私はお店に注文するよりPCで好きなように加工しながら作るのが好きです。
ですが、子供が小さいとPCを開くことすら難しいです。玩具のごとくキーボードで遊ばれ最終的に電源をポチっとオフられます。
最近ではスマホアプリがかなり充実しているので必要なアプリをいくつかダウンロードして夜な夜な、または子育てのすきをぬって年賀状作りに励んでいます。勿論、無料アプリのみです。
安いおすすめ年賀状を確認してから、いっきに作り上げる時間は取れないので細切れで作業をしていますが、スマホなら楽々です。ここのところは毎年10月から11月には翌年用の年賀状アプリがダウンロード可能になるので、秋から写真選びを始めて楽しんでいます。
年賀状、メールなどで済ませてしまうようになっていると聞きますが私の周りはまだまだ紙!これまで子供の写真付きがどーだ、こーだ言ってきましたが、相手がハガキを送ってくれるだけで、内容はともかく純粋に嬉しくなりませんか?

我が家の年賀状は私たちなりにユニークと自負しています。毎年じっと主人のアイデアを待ちながら今年はどんな図案かなあと楽しみに待っています。主人は職業柄もあって年末はめちゃくちゃ忙しく、一年中で一番大変な時期のようにも思います。そんな中、40年以上もの間一度も欠かすことなく家族の顔を自筆で描いていることはよくやっているなあと遅いことを除けば感心しています。似顔絵年賀状はもらった人にとってはもしかして迷惑なのかもと最近になって思うことがあります。でも私たちにとっては作る大変さと同じくらい楽しくもあり、家族が誰も欠けることなく今まで元気にやってこれたことを皆さんにごあいさつすることができ、とても幸せと感じています。

それでも、途中、子供たちが育ってどうするとなった時、家族ネタをするのはやめようかという話になりました。そんな時期に私の父親が亡くなり、喪中はがきを出さなければならなくなりました。寂しいお正月です。お正月になり、
今年は皆さんからの葉書が届かないので寂しいねと主人と話していると、そこへ沢山の年賀状が届きました。その中の多くに、今年は家族の様子を知ることができず残念ですというような内容の物が多く、とても嬉しかった。何回もの転勤で知らない土地で心細くていた時、年賀状と同じ顔だね。似ているねなどと言われることもあり、何よりは興味を持ってみてくださっていた方たちは子供たちの名前と成長している様子を気にかけてくれていてありがたかったです。

しゅじんは茶目っ気があって、毎年必ず目立たない方法で干支を入れていました。トラ年には小さくフーテンの寅さんを入れ、犬年には孫が持っているぬいぐるみがスヌーピーだったり、ねずみ年には別の孫が着ているトレーナーにミッキーマウスが登場するなど。もらう人はきっとなんのことかわからずにいると思うのですが、主人なりにこの年はなに年だったのかを刷りこんでいるのだと思います。年賀状を作ると主人はそれでほとんど終わり。それに添え書きをするのは私の仕事です。日ごろの非礼を詫びたり、自分達の近況をお知らせしたり、忙しいけれど私たちの歴史の一ページをささやかな形で送らせていただきます。

だからいただく年賀状に何か一言添え書きがあると嬉しく見させていただいています。かといっていつまでも保存をしてほしいというわけではなく、見たらいかように処分していただいてもいいと思っているのでよろしくおねがいしま~す。私たちもあまり親しくない方からの写真での年賀状はどうしようかと思うので、同じかなと思っています。ほどほどにしながら今年も元気ですよと御挨拶させていただきます。

出来るだけ長く続けていきたいですね。

年賀状は数は減っているけど、なくなりはしない

今年もあと少しで終わってしまいます。

この1年、自分らしく満足に過ごせただろうか。

色々と努力はしましたが、大声で言えるほどのことではありません。

年末と言えば、ハロウィンやクリスマスなどの大イベントがあります。

そして年始と言えば、お正月のお節やお年玉など楽しいイベントもあります。

その他お正月の楽しみと言えば、年賀状です。

日常お世話になっている人からや普段はあまり会わない人からのものまで、お手紙が届くと嬉しいですよね。

現代では携帯が発展したこともあり、数は減っているとは思いますがなくなりはしないでしょう。

だってこれも一つのイベントですし、楽しみでもありますから。

またビジネスで利用している人は、一つのステータスにもなるかもしれません。

私も多いときは30枚以上送っていましたが、今ではほんの2,3枚程度。

あとはSNSでやりとりしてしまっています。

自分も年賀状離れをしているわけですが、少し寂しくも思います。

ということで、今年はもう少し数を送ろうと思います。

とはいっても私友達がいないので、親戚や恩師に送ることにします。

でも年賀状って、作るの楽しくないですか?

写真やイラストを用いて自分で作ると、世界に一つだけの自分だけの個性あふれる作品になるんですから。

好きじゃない人もいるかもしれませんが、私みたいに写真とかイラストとかが好きだったり工作が好きな人には密かな楽しみでもあると思います。

また字が上手な人なんかは、直筆の年賀状なんてかっこいいと思います。

私事ですが、今年の春から同棲を始めました。

実家を出て彼氏と二人暮らしをしています。

年賀状を作る際は実家で作りますが、楽しみで楽しみで仕方ありません。

家に帰る楽しみ。

実家で飼っている猫ちゃんに会える楽しみ。

年賀状をデザインする楽しみ。

ハロウィンやクリスマスも楽しみですが、年末年始のイベント?というか行事も負けていません。

日本ならではの伝統を継承しながら楽しみたいものです。

そしてこれからは、年賀状利用者が増えていくように、何か案を考えつきたいです。

私ははがきという形にはこだわりはありませんが、電子媒体ではなく紙を使って通じ合えるシステムは続けていけたらいいのではないかと思っています。

私ももっと手紙を利用していこうと思いました。

たった今思いつきました。

とりあえず今年残り数ヶ月をまっとうに生きて、来年への助走にできるよう努力を惜しまず頑張りたいと思います。

年賀状の時期、悩むこと。数パターンで対応します。

我が家は夏に家族全員の誕生日が過ぎていきます。

そんなことは置いておいて。

涼しくなってくると、いよいよ年賀状の準備を考え始めますね。

最近は年賀状出さずにメールやラインで済ませてしまう人も多いとは思いますが、家庭のある大人としては親戚付き合いや会社関係などなど、やはり「年賀状」という形で出した方が良い方面というのはあるもの。

だったらついでに友人関係にもまとめて出した方が一々個別に連絡取るより楽だよねー

なんて思うわけです。

それに、出してなくても元旦に友人から届く年賀状ってなんとなく嬉しいしね。

で、だ。

その年賀状。実際何を書いたらいいのでしょうか。

我が家には子供が一人いるので、その写真。うん、鉄板ですね。

子どもがその年の干支の着ぐるみなんか着てたら、可愛くってついつい笑ってしまいます。

うん、親ばかここに極まれり。

まあ親戚にも受けはいいでしょう。「あんなちっさかった子が親になって」なんて、親のこっちまで引き合いに出されるでしょうけど。

でも、職場にそれはどうなのでしょうか?

昨今そうじゃなくてもやれ不妊治療だ婚活だと、子どもが欲しくてもできない家だってたくさんありますし、子ども嫌いな人だっているでしょう。

友人の家の子どもって、そういう人たちから見たら「で?」ってなりそうです。

ましてや職場。上司やら下手したら社長にまで届くのに「うちの子かわいいでしょ!見てみて!」なんて手紙、出せるわけないです。

いや出せる人もいるでしょうけど。私は無理。

じゃあ無難なイラストやメッセージだけの年賀状?

自分でレイアウトしたりできるのなら、それもありでしょうねー。

ついでに一言メッセージなんかもテンプレでも作って埋めてしまえば、それで完成。

 

なんか味気なくないですか?

 

効率を考えたら確かに一番いいですよね。デザインする手間はあるけど、出来上がったらあとは印刷して投函するだけで、そんなに負担はないですし。

別にこの方法でも否定はしません。

ただなんとなく、季節を楽しむにはあっけなさすぎてつまらないなあと、個人的には思います。

それに我が家にはプリンターがないのでデザインも業者さんのテンプレートを少し改変するだけです。

デザインはセンスも問われるので、ちょっと勇気がいります。

それに、子どもの写真はやめたものの、やはり親戚筋には子供の写真で送った方がいいんおかな、なんて考えたりもします。

普段中々会えないのならなおさら、ですね。

そうやってあーだこーだ考えているうちに気付けばもう年末です。

子どもの写真を撮ろうにも写真スタジオは一杯、印刷業者さんも締め切るところが増えてきてしまって、発注できてもやたらと高くつきます。

そんな経緯で、去年は我が家の年賀状は2種類できました。

職場用に業者さんのテンプレートを使った無難なものと、親戚・友人向けに子どもの写真を使ったものの2種類です。

子どもはまあ、去年生まれたところだったのでギリギリ許容範囲でしょうという自己判断です。

何とか去年はしのぎましたが、また今年も近づいてきます。

今年は去年を教訓に、少し早めに準備を考えたいと思います。

今年ももう残り100日きったんですって!年賀状を考えないといけない

この前大掃除したと思ったらもう年末まで100日をきったそうですね。

こんなふうに歳とっていくのかな…とぼんやり考える今日このごろ。最近は年賀状なんかよりもメールやラインをデコって0時に送信、というのがあたりまえみたいですね。

かくいう私も学生時代に携帯電話が流行って、デコメというのを買ったりして友達と送りあってました。

0時ちょうどに送るとサーバーが混んでて、結局メールがつくのは次の日の早朝、なんてこともあったっけ。

オバサンになってふと考えるんですが、やはり紙で貰う年賀状の温かみってありますよね。

私が子供のころは親が公務員だったせいか、100枚越えの年賀状が来たりして、1月1日にポストに年賀状を取りに行くのは私の仕事でした。

年賀状の束を床の上で「お母さんの、私の、お姉ちゃんの…」といったふうに並べていって。

担任の先生の年賀状のお返しがクジに当たって、綺麗な羽子板もらったこともあったっけ。

そういったことを思いだして、今年は年賀状を書いてみようかな、と思ってます。

私ごとですが、先月結婚式を挙げたんですね。その時に招待状の宛名を一枚一枚手書きしたんです。

最初は、プロに頼めるけど、手数料一枚108円って高すぎ!自分で書くわ!って思って書いたんですけど、たとえ宛名だけであっても住所と名前を書いてるうちに気が引き締まって行くような気がしました。

それに、最後まで間違いがないか確認して、ポストに出す瞬間ってちょっとドキドキしていいですよね。

まあ一番肝心な義実家の住所の漢字を間違えていたんですが…。寛容な義父母でよかったです。

あと、最初結婚式の写真を年賀状にって式場で提案されたんですよね。

8月末の結婚なら年賀状に出すのにちょうどいいんじゃないかって。あれってもらった側はどうなんでしょう。

私は友達から「結婚しました!」って年賀状来るのは嬉しいし、連絡取るきっかけになったりもするんですが、貰った側がみんな嬉しいとは限らないですよね。

あとちょっと恥ずかしい気もするし。そういうのってもう流行りじゃないのかな?

話それちゃいましたけど、結婚して主婦になったので少し時間もあるし、今年は絵手紙なんていうのもありかなって思ってます。

そうなったら押入れに確か入ってる色鉛筆とかコピックペン探し出さないとな…。

今年も残り100日!今年こそ元旦に着くように早く取りかからないと!

直前に郵便局に行くと年賀状売切れたりしてて、微妙な絵柄の年賀状を買うことになるので気を付けねば。

とか言ってるうちにあっという間に年末になって、バタバタしている様子の自分が目に見えるようだ…。

 

話題の子供の写真入り年賀状について。

結婚して毎年きちんと年賀状を出すようになりました。

それまでは、毎年コンビニで買って送ってくれた人に返すというような感じでしたが、結婚式に招待人には出して、それを機にその後も年賀状のやりとりをする人が増えました。

結婚式をして初めての年賀状は報告とお礼も兼ねて写真付きのものをインターネットで注文して作りました。

インターネットの年賀状サイトはデザインも豊富で、えらんだデザインの写真の枠に好きな写真をあてはめるだけで簡単に作ることができます。

その次のお正月には第一子が生まれたのでやはり報告も兼ねて子供の写真と家族の写真が入ったものをまたインターネットで注文して送りました。

それから毎年、写真入りの年賀状を作っています。

今は、子供の写真入りの年賀状を出すと「配慮が足りない」「嬉しくない」などと言われるようですが、私の周りは写真入りで送ってくれる人が多いです。

特に結婚して子供のいる友達は100%といっていいほど写真入りです。

私は自分が子供がいるせいなのか、写真入りの年賀状をもらうと嬉しいです。

頻繁には会えない友達の様子や生活が少しだけ伝わってくるような気がするからです。

子供だけの写真でも嬉しいですが、そこに友達の写真も入っているともっと嬉しいです。

普段は会えないけれど変わらないな、などと考えることができるからです。

なので私も年賀状の写真を選ぶときは、必ず家族全員で写ったもの、私と子供、夫と子供などら必ず大人の写真も1枚は入るようにしています。

また、必ず一言でも手書きでメッセージを添えることにしています。プリントされた挨拶だけでくる年賀状は少し寂しいと感じるからです。

私自身も1枚1枚メッセージを添えることで、送る相手のことを少しでも思い出したり、元気かなと思ったり考えることができます。

慌ただしい毎日の中で1年に1回でも、昔の友達、昔お世話になった人などのことを思い出す機会はとても大切だと思います。

近年毎年、年賀状の発行枚数は減少しているというニュースを耳にします。確かに年賀状はめんどくさい風習かもしれません。

電話、メール、ライン、今はすぐに連絡が取ることができます。

しかし年賀状だからこそ送ることができる相手、近況報告ができる相手というものが誰にとっても一人はいると思うのです。年賀状の風習が薄れていくことはら寂しいなと感じます。

年賀状を通して人と人との出会いをもっと大切に感じることができるのではないでしょうか。

我が家はいつでも追加で送れる手作り年賀状です

もうすぐ年賀状作りの季節ですね。我が家では年賀状をどんな風に作るのか毎年迷走していましたが、最近は家のパソコンで手作りしています。

以前は、フジカラーのお店に行って頼んだり、ネットで好きなデザインを見つけて発注したりしたこともあったのですが、結局手作りに落ち着いています。

「コストが安くすむ」ことはもちろんのこと、「追加で数枚作りたくなったときに、すぐに作れる」ところが大きな理由です。

我が家では130枚程度刷っているのですが、子どものお友達関連が結構入れ替わるんですよね。

年末に会ったお友達に「年賀状出すね」と突然言われたり、去年届かなかったからもう出さなくていいか、と思っていたら急に届いたりして。

なので、1月1日でも、2日でも自由に追加できる手作りが一番我が家には合っています。

私が毎年使っているソフトは、「PrintAlbum」か「Microsoft PowerPoint」です。

PrintAlbumは、以前子どもの卒園アルバム係をしたときにダウンロードしたソフトで、サイズをハガキサイズに設定して、簡単に写真や画像を配置することが出来ます。

画像データとして保存することができるので、とても使い勝手のよいソフトです。

Microsoft PowerPointも会社員時代から使っているのでよく使います。

ちょっと面倒なのが、余白の設定や写真の画像を圧縮せずに保存する設定(これをしないと、写真データが荒くなってしまう)を忘れずにしないといけないことですかね。

「子どもの写真を載せる・載せない」については以前から議論がありますよね。

子どもがいない人は子どものアップの写真を見せられると嫌な気持ちになる、とか、家族持ちは子ども写真がないと物足りないとか。

我が家でも子どもが小さいときには話し合いがあって、ある年は写真有り・無しの2パターン作ってみたり、ある年は子ども写真を小さくしてみたり。

最近は、出来るだけ全員で撮った写真を小さく1枚載せています。

パーツは、インターネットで無料のものを拾っています。

フォントも無料で使えるものが豊富にあるので、いろんなフォントをダウンロードして組み合わせています。

私個人的にはクレヨンで殴り書きしたような字や丸っこい字が好きなのですが、そういう字を使うと旦那の会社の人には送れなくなってしまうので(もう1パターン作らないといけなくなる)、ゴシック系の大人しい文字に落ち着きます。

背景は白にして、インクを使いすぎないようにもしています。

インク代もバカにならないので・・・。

年末はクリスマスプレゼント選びや大掃除、お正月の準備等で忙しいうえに、風邪をひいちゃったりもしますよね。

年賀状作りを楽しむためにも、早め早めに、10月下旬くらいにはパーツ選びから始めたいと思います。

今でも忘れられない小学生時代の嬉しかった年賀状の思い出

年賀状は、日本特有の儀式であると知ったのは二十歳頃です。

そもそも、年賀状を、年末の慌ただしい時期に大勢の人に書いてポストに投函する事は大変な労働だと思います。
クリスマスから大晦日、お正月と冬の凍える寒さの中、日本はイベントが多いと思うのです。

特に、最近「山の日」が出来ました。「海の日」は、昔から親しみが有って夏の海を連想しますが、登山が趣味では無い人にとっての山の日は、果たしてどんなイメージを抱くのかは個個に依って全く違うと思います。
小学生の時、忘れられない年賀状の思い出が有ります。

小学生は一年生から六年生迄の、六年間もの長い間を「学校生活」という空間の中で過ごさなければなりません。

当時の私は「義務教育は、中学生になってからの三年間と合わせて九年間も続くのか・・。」と、途方に暮れる気分で小学校生活を送っていました。

昼休みは決まって読書を楽しんでいたので、運動場でドッジボールやサッカーをする少年達、縄跳びや遊具で遊少女達を眺めては「子供って、何でこんなに騒がしいのだろう?」と、思う様な子供だったのです。

年賀状も仲の良い数人と毎年遣り取りする程度でしたが、あれは忘れもしない小学三年生の元旦でした。毎年、お昼前には年賀状が束になった状態で自宅のポストに到着しています。

年賀状を取りに行くのは私の役目でした。家族の分の年賀状を個別に分けて、私宛の年賀状が数枚来ていたのを一枚づつ見ていると、見知らぬ少年からの年賀状が届いていました。

その少年は、幼稚園から小学校も一緒だったのですが、同じクラスになったのは小学三年生の時の一年間のみでした。

その年の干支の動物が色鉛筆で描かれて有り、「明けましておめでとう。今年もよろしく。」と、それだけ書かれた年賀状だったのですが、同世代の異性から年賀状を貰うのが人生に於いて初めてだったので、何だかこそばゆい気分になった事を覚えています。

幼稚園からの時も、折角同じクラスに一年間なったのに数える程しか彼とは話をしていない事に、同時に気が付きました。

彼の性格も、余り知らない位でしたがきちんと返事の年賀状をそれから出しました。

小学生が書く年賀状は、男子よりも女子の方が絵が細かに描かれており、文章も長いです。その少年とは、小学校の卒業以来会っていません。

中学校から親の転勤で転校したらしいと、後に友人から訊きました。九年間一緒で一年間だけ同じクラスメイトだったので、もっと仲良くして置けば良かったと今では思ったりもします。

あの時は、年賀状有り難う。

SNSにはない、人とのつながりを感じられる年賀状

年々、年賀状を送る枚数、もらう枚数が減ってきました。学生の時には、平均10枚、前後年賀状を出していて、多い時には25枚も年賀状を書いた時もありました。ですが、今では、中学時代の恩師2人に送るのみになってしまい、送る枚数、もらう枚数が激減してしまいました。

卒業で旧友と離れ離れになってしまったため、おのずと年賀状を出さなくなってしまったのです。

年賀状を出す枚数、送られてくる枚数で友達の多さ、交友関係の広さがわかってしまいます。

もともとわたしは、人見知りな性格で友達が少ないのでしょうがないのですが、2枚はあまりにも寂しいです。もっと年賀状を送る相手がいたらいいのになあと思うこともあります。まあ、ないものねだりしてもしょうがないですけどね。

昔から、年賀状に添える一言を送る相手によって考えて書いています。

どんな一言を添えたら、相手が喜んでくれるか、印象に残るかいろいろ考えて書くのが楽しかったです。

また、送った相手から、年賀状が届くのも嬉しく自分に友達がいることを実感していました。

中学生の時には、好きだった男の先生から年賀状が届くのが楽しみで、元日からそわそわしてポストに年賀状が届いていないか確認しに行ったことが懐かしいです。

かわいいイラスト付きの年賀状が、三が日過ぎたあたりに届いた時には嬉しくて大切に保管していました。

また、年賀状を送っていない人から年賀状が届いた時には、驚きと同時に自分とたいして仲が良いわけではないのに年賀状を送ってくれたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

急いで、父に頼んで年賀状を作ってもらい、お返しの年賀状を書いたものです。

中学生の時に、不登校だったわたしに年賀状を送ってくれた同級生が数人いて、自分の事を気にかけてくれる人がいることを実感し、温かい気持ちに包まれました。

年賀状は、人とのつながりを確認出来る大切な習慣だと思います。

お世話になったお礼を伝えたり、自分の近況を知らせたり出来るいい機会ですよね。

今では、メールやラインなどを送って年賀状を書かなくなりつつありますが、送る相手のことを考えて一言メッセージを書くことも、書き手の思いが伝わっていいのではないでしょうか?

年賀所を送りあう習慣は、今後も、続けていきたいです。

年賀状は、お年玉くじがついていて当選している年賀状がないか一枚、一枚探すことも楽しみの一つです。

記念シートが当たったくらいで、これといって高価なものは当たっていないので、いつかいいものが当たらないかと思っています。