話題の子供の写真入り年賀状について。

結婚して毎年きちんと年賀状を出すようになりました。

それまでは、毎年コンビニで買って送ってくれた人に返すというような感じでしたが、結婚式に招待人には出して、それを機にその後も年賀状のやりとりをする人が増えました。

結婚式をして初めての年賀状は報告とお礼も兼ねて写真付きのものをインターネットで注文して作りました。

インターネットの年賀状サイトはデザインも豊富で、えらんだデザインの写真の枠に好きな写真をあてはめるだけで簡単に作ることができます。

その次のお正月には第一子が生まれたのでやはり報告も兼ねて子供の写真と家族の写真が入ったものをまたインターネットで注文して送りました。

それから毎年、写真入りの年賀状を作っています。

今は、子供の写真入りの年賀状を出すと「配慮が足りない」「嬉しくない」などと言われるようですが、私の周りは写真入りで送ってくれる人が多いです。

特に結婚して子供のいる友達は100%といっていいほど写真入りです。

私は自分が子供がいるせいなのか、写真入りの年賀状をもらうと嬉しいです。

頻繁には会えない友達の様子や生活が少しだけ伝わってくるような気がするからです。

子供だけの写真でも嬉しいですが、そこに友達の写真も入っているともっと嬉しいです。

普段は会えないけれど変わらないな、などと考えることができるからです。

なので私も年賀状の写真を選ぶときは、必ず家族全員で写ったもの、私と子供、夫と子供などら必ず大人の写真も1枚は入るようにしています。

また、必ず一言でも手書きでメッセージを添えることにしています。プリントされた挨拶だけでくる年賀状は少し寂しいと感じるからです。

私自身も1枚1枚メッセージを添えることで、送る相手のことを少しでも思い出したり、元気かなと思ったり考えることができます。

慌ただしい毎日の中で1年に1回でも、昔の友達、昔お世話になった人などのことを思い出す機会はとても大切だと思います。

近年毎年、年賀状の発行枚数は減少しているというニュースを耳にします。確かに年賀状はめんどくさい風習かもしれません。

電話、メール、ライン、今はすぐに連絡が取ることができます。

しかし年賀状だからこそ送ることができる相手、近況報告ができる相手というものが誰にとっても一人はいると思うのです。年賀状の風習が薄れていくことはら寂しいなと感じます。

年賀状を通して人と人との出会いをもっと大切に感じることができるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です