年賀状は数は減っているけど、なくなりはしない

今年もあと少しで終わってしまいます。

この1年、自分らしく満足に過ごせただろうか。

色々と努力はしましたが、大声で言えるほどのことではありません。

年末と言えば、ハロウィンやクリスマスなどの大イベントがあります。

そして年始と言えば、お正月のお節やお年玉など楽しいイベントもあります。

その他お正月の楽しみと言えば、年賀状です。

日常お世話になっている人からや普段はあまり会わない人からのものまで、お手紙が届くと嬉しいですよね。

現代では携帯が発展したこともあり、数は減っているとは思いますがなくなりはしないでしょう。

だってこれも一つのイベントですし、楽しみでもありますから。

またビジネスで利用している人は、一つのステータスにもなるかもしれません。

私も多いときは30枚以上送っていましたが、今ではほんの2,3枚程度。

あとはSNSでやりとりしてしまっています。

自分も年賀状離れをしているわけですが、少し寂しくも思います。

ということで、今年はもう少し数を送ろうと思います。

とはいっても私友達がいないので、親戚や恩師に送ることにします。

でも年賀状って、作るの楽しくないですか?

写真やイラストを用いて自分で作ると、世界に一つだけの自分だけの個性あふれる作品になるんですから。

好きじゃない人もいるかもしれませんが、私みたいに写真とかイラストとかが好きだったり工作が好きな人には密かな楽しみでもあると思います。

また字が上手な人なんかは、直筆の年賀状なんてかっこいいと思います。

私事ですが、今年の春から同棲を始めました。

実家を出て彼氏と二人暮らしをしています。

年賀状を作る際は実家で作りますが、楽しみで楽しみで仕方ありません。

家に帰る楽しみ。

実家で飼っている猫ちゃんに会える楽しみ。

年賀状をデザインする楽しみ。

ハロウィンやクリスマスも楽しみですが、年末年始のイベント?というか行事も負けていません。

日本ならではの伝統を継承しながら楽しみたいものです。

そしてこれからは、年賀状利用者が増えていくように、何か案を考えつきたいです。

私ははがきという形にはこだわりはありませんが、電子媒体ではなく紙を使って通じ合えるシステムは続けていけたらいいのではないかと思っています。

私ももっと手紙を利用していこうと思いました。

たった今思いつきました。

とりあえず今年残り数ヶ月をまっとうに生きて、来年への助走にできるよう努力を惜しまず頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です