年賀状の時期、悩むこと。数パターンで対応します。

我が家は夏に家族全員の誕生日が過ぎていきます。

そんなことは置いておいて。

涼しくなってくると、いよいよ年賀状の準備を考え始めますね。

最近は年賀状出さずにメールやラインで済ませてしまう人も多いとは思いますが、家庭のある大人としては親戚付き合いや会社関係などなど、やはり「年賀状」という形で出した方が良い方面というのはあるもの。

だったらついでに友人関係にもまとめて出した方が一々個別に連絡取るより楽だよねー

なんて思うわけです。

それに、出してなくても元旦に友人から届く年賀状ってなんとなく嬉しいしね。

で、だ。

その年賀状。実際何を書いたらいいのでしょうか。

我が家には子供が一人いるので、その写真。うん、鉄板ですね。

子どもがその年の干支の着ぐるみなんか着てたら、可愛くってついつい笑ってしまいます。

うん、親ばかここに極まれり。

まあ親戚にも受けはいいでしょう。「あんなちっさかった子が親になって」なんて、親のこっちまで引き合いに出されるでしょうけど。

でも、職場にそれはどうなのでしょうか?

昨今そうじゃなくてもやれ不妊治療だ婚活だと、子どもが欲しくてもできない家だってたくさんありますし、子ども嫌いな人だっているでしょう。

友人の家の子どもって、そういう人たちから見たら「で?」ってなりそうです。

ましてや職場。上司やら下手したら社長にまで届くのに「うちの子かわいいでしょ!見てみて!」なんて手紙、出せるわけないです。

いや出せる人もいるでしょうけど。私は無理。

じゃあ無難なイラストやメッセージだけの年賀状?

自分でレイアウトしたりできるのなら、それもありでしょうねー。

ついでに一言メッセージなんかもテンプレでも作って埋めてしまえば、それで完成。

 

なんか味気なくないですか?

 

効率を考えたら確かに一番いいですよね。デザインする手間はあるけど、出来上がったらあとは印刷して投函するだけで、そんなに負担はないですし。

別にこの方法でも否定はしません。

ただなんとなく、季節を楽しむにはあっけなさすぎてつまらないなあと、個人的には思います。

それに我が家にはプリンターがないのでデザインも業者さんのテンプレートを少し改変するだけです。

デザインはセンスも問われるので、ちょっと勇気がいります。

それに、子どもの写真はやめたものの、やはり親戚筋には子供の写真で送った方がいいんおかな、なんて考えたりもします。

普段中々会えないのならなおさら、ですね。

そうやってあーだこーだ考えているうちに気付けばもう年末です。

子どもの写真を撮ろうにも写真スタジオは一杯、印刷業者さんも締め切るところが増えてきてしまって、発注できてもやたらと高くつきます。

そんな経緯で、去年は我が家の年賀状は2種類できました。

職場用に業者さんのテンプレートを使った無難なものと、親戚・友人向けに子どもの写真を使ったものの2種類です。

子どもはまあ、去年生まれたところだったのでギリギリ許容範囲でしょうという自己判断です。

何とか去年はしのぎましたが、また今年も近づいてきます。

今年は去年を教訓に、少し早めに準備を考えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です