我が家はいつでも追加で送れる手作り年賀状です

もうすぐ年賀状作りの季節ですね。我が家では年賀状をどんな風に作るのか毎年迷走していましたが、最近は家のパソコンで手作りしています。

以前は、フジカラーのお店に行って頼んだり、ネットで好きなデザインを見つけて発注したりしたこともあったのですが、結局手作りに落ち着いています。

「コストが安くすむ」ことはもちろんのこと、「追加で数枚作りたくなったときに、すぐに作れる」ところが大きな理由です。

我が家では130枚程度刷っているのですが、子どものお友達関連が結構入れ替わるんですよね。

年末に会ったお友達に「年賀状出すね」と突然言われたり、去年届かなかったからもう出さなくていいか、と思っていたら急に届いたりして。

なので、1月1日でも、2日でも自由に追加できる手作りが一番我が家には合っています。

私が毎年使っているソフトは、「PrintAlbum」か「Microsoft PowerPoint」です。

PrintAlbumは、以前子どもの卒園アルバム係をしたときにダウンロードしたソフトで、サイズをハガキサイズに設定して、簡単に写真や画像を配置することが出来ます。

画像データとして保存することができるので、とても使い勝手のよいソフトです。

Microsoft PowerPointも会社員時代から使っているのでよく使います。

ちょっと面倒なのが、余白の設定や写真の画像を圧縮せずに保存する設定(これをしないと、写真データが荒くなってしまう)を忘れずにしないといけないことですかね。

「子どもの写真を載せる・載せない」については以前から議論がありますよね。

子どもがいない人は子どものアップの写真を見せられると嫌な気持ちになる、とか、家族持ちは子ども写真がないと物足りないとか。

我が家でも子どもが小さいときには話し合いがあって、ある年は写真有り・無しの2パターン作ってみたり、ある年は子ども写真を小さくしてみたり。

最近は、出来るだけ全員で撮った写真を小さく1枚載せています。

パーツは、インターネットで無料のものを拾っています。

フォントも無料で使えるものが豊富にあるので、いろんなフォントをダウンロードして組み合わせています。

私個人的にはクレヨンで殴り書きしたような字や丸っこい字が好きなのですが、そういう字を使うと旦那の会社の人には送れなくなってしまうので(もう1パターン作らないといけなくなる)、ゴシック系の大人しい文字に落ち着きます。

背景は白にして、インクを使いすぎないようにもしています。

インク代もバカにならないので・・・。

年末はクリスマスプレゼント選びや大掃除、お正月の準備等で忙しいうえに、風邪をひいちゃったりもしますよね。

年賀状作りを楽しむためにも、早め早めに、10月下旬くらいにはパーツ選びから始めたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です